熱交換器スケールによるトラブルを回避するなら

熱交換器はあらゆる分野の産業現場では、もはや欠かすことのできない重要な機器となっています。そのため現場によっては年間を通じて、ほぼ休みなく稼働しているケースも珍しくありません。そんな現場で長年にわたり稼働していると、やはりどうしても熱交換器スケールは蓄積していくもの。普段からきめ細かい点検やメンテナンスを実施していれば心配ありませんが、いい加減であれば、プレートガスケットの劣化さらには貫通割れといった、深刻なダメージにもつながりかねません。

そうなれば十分な熱供給ができなくなり、生産効率が落ちたり、生産ラインそのものを停止することもあり得ます。このようなリスクを避けるには、普段から徹底的に点検し、熱交換器スケールもこまめに除去することが求められます。また突発的な故障に対応できるように、専門メーカーとメンテナンス契約をあらかじめ結んでおくことも大切です。さらにできることなら、熱交換器スケールの付着しにくいタイプの導入を検討するのも、リスク回避には大いに効果があります。

例えばプレート式熱交換器ならば、乱流促進構造と呼ばれる独自の仕組みによって自己洗浄機能が働き、スケールの蓄積しにくいメリットがあります。また伝熱プレートにヘリンボンパターンなどの波形状を採用したこの乱流促進構造は、高い熱交換率を実現することでも知られます。これは意図的に伝熱プレート間の流体を乱すことで、流体の温度を均一化して、安定した熱供給が可能になるためです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*