熱交換器スケールによるリスクを避けるには

ボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインなど、熱交換器はあらゆる分野の産業現場で導入されています。このように汎用性が高い機器であるため、長期にわたりハードな環境で稼働しているケースも珍しくありません。そのため普段から点検やメンテナンスがいい加減であれば、たちまち何らかのトラブルが発生してしまいます。特に熱交換器スケールはどうしても機器の内部に付着するため、こまめな除去が求められます。

そのまま放置すれば、プレートガスケットの劣化あるいは貫通割れなど、深刻なダメージをもたらすこともあり得ます。そうなれば液体漏れによって機器が稼働不能になったり、生産ラインそのものを停止することにもなりかねません。このようなリスクを避けるには、やはり日頃から定期的な点検を徹底し、熱交換器スケールの除去を含めた堅実なメンテナンスが必要になります。また万が一大きな故障が発生した場合に備え、現場で対応できる体制づくりも求められます。

さらに予防的な観点からは、熱交換器スケールの付着しにくい製品を検討してもよいでしょう。例えばプレート式熱交換器もその1つ。これは伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状に加工した、乱流促進構造に大きな特徴があります。プレート間の流体を意図的に乱すことで、流体の温度を均一化して、安定した熱供給を可能にします。

同時に乱流促進構造によって自己洗浄機能も働くため、スケールも付着しにくくなります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*