効果的に熱交換器スケールを除去したいのならば

カルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類を主成分とする熱交換器スケールは非常に硬くて水に溶けにくい性質があります。熱交換器スケールを放置すると性能低下や故障の原因となり、営業活動にも影響を及ぼすので注意が必要です。工場を安定的に運営して高品質な製品を生産するには、定期的なメンテナンスによってスケールを取り除かなければなりません。熱交換器スケールを取り除く方法には様々なものがありますが、特に塩酸など強酸性の洗浄液は即効性が優れています。

カルシウムなどの無機塩類は酸性に弱いため、洗浄液を使えば短時間で溶かすことができます。金属製の工具などで削り落とそうとすると膨大な時間と手間がかかってしまいますが、強酸性の洗浄液を使えば素早く作業が完了します。塩酸など強酸性の洗浄液は優れた洗浄力を備える一方で劇物に指定されており、危険性も高いというデメリットがあります。皮膚や粘膜に付着すると炎症を起こすことがあり、目に入ると視力低下や失明の可能性があるので注意が必要です。

また強酸性の洗浄液は金属を腐食させるため、スケールを除去した後で処理液を使い中和しなければなりません。市販の洗浄液の中には塩酸をベースとしていて強酸性でありながら、安全性が優れたタイプも存在します。触れても怪我することがなく、金属の腐食は一般的な製品の約4分の1なので安心して使えます。このタイプの洗浄液は処理液による中和が不要で、一般的な洗浄液よりも約5倍の速さで作業を完了させることができます。

安全に熱交換器スケールを除去したい場合だけでなく、作業時間を短縮したい場合にもおすすめです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*