熱交換器スケールは計画的に除去することが必要

熱交換器スケールは工場等の冷却システムに多大な影響及ぼすものであるため、そのメンテナンスは十分に注意をして行うことが必要です。その理由は単純な洗浄方法ではこれを除去することが難しく、また無理に引き剥がそうとすると本体に悪影響を及ぼし、その機能を果たさなくなってしまうこともあるので注意をしなければなりません。熱交換器は効率よく冷却水を冷却するとともに、得られたエネルギーを効率的に利用しようとしている面もあります。下の熱源を冷却水から得た熱でまかなったり下の熱源を冷却水から得た熱でまかなったり、その他の様々な用途に利用できるような仕組みも少なくありません。

しかしここで注意しなければならないのは、熱交換器はスケールなどの不純物の影響をあまり考慮していないために、これらが混入すると思わぬ悪影響を及ぼしてしまうことになるので注意が必要です。熱交換器スケールは冷却水に含まれる様々なゴミや不純物などが要因となりますが。同時に自然界に存在する物質がその役割を担うことも少なくありません。特にカルシウムは非常に固まりやすく、これが固まってしまうと非常に強い力で本体にこびりついてしまうため、手作業でやろうとすると様々なトラブルを招いてしまうものです。

熱交換器スケールの発生を抑えシステムの動作効率を維持するためには、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。できるだけ傷がつかないようにするために専用の洗浄液を利用することも良い方法であり、この場合には効果的な運営方法が見つかる場合もあるので、積極的に利用したいものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*