熱交換器スケールの除去方法

熱交換器スケールは熱交換器の動作に悪影響を及ぼすため、定期的に内部を清掃しこれを除去することが機能を維持するために重要なポイントです。しかし単純に掃除をしただけでは除去できないことが多く、その方法に悩んでしまう人も少なくありません。これを適切に除去するためには、様々な準備を行うことが重要となります。1つは、熱交換器スケールが発生する原因を突き止めることです。

一般的には冷却水に含まれるカルシウムが様々な感度の内部の汚れと結合し、これが付着してしまうというケースが少なくありません。この場合には非常に強固に熱交換器はい内部に付着してしまうため、一般的な洗剤などで落とすことができず、専用の上教材などを使用することが必要となります。最近ではカルシウムによる熱交換器スケールを除去するための専用の洗浄液が販売されており、これを利用すると比較的簡単に落とすことができます。しかも基本的にはこすらずにこの洗浄液を流し込むだけで放置すると、時間が経つにつれ徐々に本体から剥がれて除去することができる仕組みとなっているため、非常に便利です。

熱交換器スケールを除去する際に注意すべき事は、落ちにくいからといって本体を擦るような事は決して行ってはならない点です。スケールを削り落とそうとするとその部分に傷が付着し、その傷が新たなスケールが付着しやすくなってしまうことが多いためです。熱交換器スケールは原因を明確にすることと、その原因に合った対処を行うことが重要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*