熱交換器スケールはこまめに除去することが重要

熱交換器スケールは熱交換器を使い続けていると知らず知らずの内に付着してしまうため、こまめに除去しないとその性能を低下させてしまうことから注意をしなければなりません。熱交換器スケールが発生する要因は循環する冷却水が途中の管路に付着している様々なゴミなどを吸着して熱交換器の中に持ち込むことにあり、その中には様々な物質が含まれているため、これが内部に蓄積してスケールになってしまうことが多いものです。ゴミなどの場合には途中にフィルターを取り付け、これを定期的に交換することである程度防げるのですが、熱交換器スケールが発生する要因の中には様々な水中に含まれる成分が固着してできるものも多く、これはフィルターで除去する事は非常に難しくなっています。熱交換器は熱を含んだ潤滑水をゆっくりとその中で滞留させることで、その時に隣接する管路を流れる冷却水などに熱を移すことで冷却を行う仕組みです。

そのため長時間内部に冷却水が留まり、そのためにスケールが発生しやすい状態となってしまうことになるため注意が必要です。熱交換器スケールが付着すると熱交換の効率が悪くなってしまうため、十分に冷却をすることができずシステムに悪影響を与えてしまうことも少なくありません。そのため、システムに対する影響を少なくするためにも、熱交換器スケールはこまめに除去することが必要となります。これを意識してシステム全体を制御することが、安定した動作を維持するために重要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*