熱交換器スケールを取り除く様々な方法とは

熱交換器スケールを取り除くには塩酸など強酸性の洗浄液を使う他にも赤錆剥離・除去電磁気装置やろ過器、軟水器を使う方法があります。多くの企業では、即効性がありコストもあまりかからない強酸性の洗浄液が使われています。強酸性の洗浄液は、スケールの主成分であるカルシウムやシリカなどの無機塩類を短時間で溶かすことができます。無機塩類がスケールとなって熱交換器の内壁に付着すると、硬くて水に溶けにくいため取り除くのが困難です。

しかし塩酸などの洗浄液を使えば、厚く堆積したスケールも短時間で取り除けます。強酸性の洗浄液は熱交換器スケールを取り除くため最も多く採用されている方法ですが、危険性が高く慎重に作業を行う必要があります。怪我を防ぐためゴム手袋などの保護具を着用し、装置を損傷しないよう正しい濃度で使います。また金属を腐食させないため、洗浄後には処理液を使って中和する必要があります。

市販の洗浄液には強酸性でありながら安全性も優れており、金属の腐食が少ない万能タイプも存在します。コストを抑えつつ短時間で安全にスケールを除去したいのであれば、万能タイプの洗浄液がおすすめです。熱交換器スケールを除去するには他にも赤錆剥離・除去電磁気装置やろ過器、軟水器を使う方法があります。赤錆剥離・除去電磁気装置は即効性がありませんが、効果の継続性が優れていてランニングコストが安いのが特徴です。

危険な薬品を使わないため安全性が高く、赤錆を除去する効果もあります。ろ過器や軟水器は導入と維持にコストがかかりますが、無機塩類を除去してスケールの発生自体を止めることができます。熱交換器スケールのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*