熱交換器スケールの除去に効果的な方法とは

熱交換器スケールは放置すると故障や性能低下の原因になるので、厚く堆積する前に取り除く必要があります。資金に余裕がある場合には、ろ過器や軟水器を導入すれば原因であるカルシウムやシリカなどの無機塩類を除去できます。ろ過器や軟水器は導入と維持に多額の費用がかかりますが、無機塩類を除去するためスケールが発生しなくなります。水質を改善して定期的なメンテナンスの手間を省きたい場合には、これらの装置を導入するのがおすすめです。

費用をかけずに熱交換器スケールを除去したいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。この装置はランニングコストが安いので長期的な費用を抑えることができます。スケールだけでなく赤錆にも効果があり、危険な薬品を使わないため安全性も優れています。即効性はありませんが効果の持続性が優れていて、メンテナンスをしなくても性能を維持できます。

設備を止めずに装着できるので、工場の生産ラインへの影響を抑えつつ熱交換器スケール対策を講じたい場合にも最適です。厚く蓄積した熱交換器スケールを短時間で除去したい場合には、強酸性の洗浄液が優れた効果を発揮します。スケールの主成分である無機塩類は酸性に弱いため、塩酸などの洗浄液を使えば素早く溶かすことができます。強酸性の洗浄液は劇物なので安全対策が必要ですが、なるべく費用を抑えて迅速にスケールを除去したい場合に最適です。

コストパフォーマンスが優れているため、多くの企業が熱交換器スケール対策に強酸性の洗浄液を使用しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*