強酸性の洗浄液は熱交換器スケールを溶かします

熱交換器スケールはカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類が主な成分です。硬くて水に溶けにくいため蓄積すると金属製の工具でも削り落とすのは困難ですが、塩酸など強酸性の洗浄液を使えば簡単に溶かせます。塩酸は劇物に指定されており皮膚や粘膜に付着すると炎症を起こす可能性があります。目に入って手当が遅れたり処置が適切でなかったりすると、視力の減退や失明の原因になるので注意が必要です。

霧状の塩酸を吸入すると咳が出て目や鼻を刺激し、長時間にわたり晒されると歯が腐食します。強酸性の洗浄液を使えば厚く蓄積した熱交換器スケールも短時間で溶かすことができますが、安全対策をしっかり講じる必要があります。ゴム手袋やマスク、ゴーグルを着用して直接的に触れないようにするとよいでしょう。また塩酸など強酸性の洗浄液は金属を腐食させてしまうため、正しい濃度で使用し洗浄後には処理液で中和します。

濃度を間違えると熱交換器を損傷してしまう可能性があるので注意が必要です。強酸性の洗浄液は優れた洗浄力を備えていますが扱いが難しいので、より安全に熱交換器スケールを除去したい場合には赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。この装置は危険な薬品を使わないため安全性が優れており、スケールだけでなく赤錆も取り除きます。即効性はありませんが、効果の継続性が優れていてランニングコストが安いというメリットもあります。

装着が簡単で設備を止める必要がなく、メンテナンスも不要なので気軽に使うことができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*